リフォームは未来への投資、安全な毎日を過ごすために!

実際に屋根をリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、36歳の男性の方のリアルな体験談を見ていきます。

実際にかかったリフォームの予算と実際の金額は?

もともと予算は想定しておらず、業者の方に見てもらった上で見積もりを示して頂きました。

大掛かりな修繕ということで約150万円ほどかかりましたが、この先も安心して家に住み続けるためには必要だと感じました。

幸いローンが組めたので、すこしずつお支払いをしているところです。

リフォームをした具体的な場所は?

屋根をリフォームしました。

リフォームというより修繕ですね

だいぶ傷んでいたので、瓦などを含めて全体的に大掛かりな作業となりました。

父親が主導で決断しました。

リフォーム前の具体的な悩み

リフォーム(修繕)前は、何となく屋根全体の傷み具合というか強度に不安がありました。

台風などで強風が吹いたときなど、「大丈夫かな…。」と本気で心配することがありました。

見た目はあまり変化はなくとも、瓦の下は相当に傷んでいる状態だったので、もしリフォームをせずに放っておいたらと思うと不安が増していきました。

しかし、このタイミングでしっかりと修繕することでより安全性が増すということだったので、家族で熟考の上決断しました。

リフォームを決めるときに注意した所

注意した点は全体的な予算と、お支払いにかかるスパン(期限)です。

しっかりとお支払いが出来るか、生活などに支障は出ないかなど、よくよく考えを巡らせながら決断しました。

すぐに払うわけではなく、すこしずつ払い続けていけばよいということで、不安は幾分和らぎました。

この先もこの自宅に住み続けていきたいと思っていたので、大きな決断でしたが、結果的には良い判断だったと思います。

この先も自宅を大切に、穏やかに暮らしてきたいと感じています。

リフォームをして生活が変わった所

劇的に生活が変わったわけではありませんが、なにより不安が解消され安心感が格段に増しました。

昨今、強風や大型の台風が発生しやすくなっていたので、それらの対策にもなりますし、しっかりと補修されたことで家全体が強固になった気がしました。

私の祖父が建てた古い家屋ですが、愛着もあり、親しみも年々増しています。

その家でこれからも過ごしていくための最善の決断だったと心から感じています。

家族を守ってくれる家をこれからも大事にしていきたいと思います。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

リフォームは規模にもよりますが、大きなお金・予算が必要になります。

お金に余裕がある方は一括も可能ですが、大抵のお宅はローンを組むことになります。

支払い終えるまで時間はかかりますが、未来への投資、安全な生活への援助と思って決断してもよろしいかと思います。

リフォーム内容にもよりますが、自宅が少しだけグレードアップしたような、安心感と達成感を得られると思います。

ご自身、ご家族の安全のためにも良い判断になることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました