素敵な未来、楽しい生活、充実の毎日の源は、リフォームです。

実際にバスルーム(浴室)をリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、55歳の男性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算は300万円万円、実際は320万円。

リフォームをした具体的な場所は?

お風呂、トイレ等。

リフォーム前の具体的な悩み

お風呂、トイレは、40年前ぐらいのまま、補修して使用していた。

おふろは、昔のタイルでくらく、寒く、石油で沸かして、シャワーの温度の調整も大変でした。

お風呂は、『リフレッシュの私』を求めていたが、寂しかった感じがしました。

トイレも水洗ですが、ウォシュレット、温座では無く、 『憂鬱な私』でした。

毎日の家での生活は、リフォーム前は、楽しい、夢を持った生活には足りない事だと感じていました。

気分の問題だったのかも知れません。

リフォームを決めるときに注意した所

一番は、毎日使う物なので、気持ちが良い物、気分が明るくなる物にしたいと思いました。

色んなメーカーのカタログを見たり、実際にショウルームにも足を運びました。

価格もですが、やはり、一番は明るい感じにしたい。

後は、使いやすく、飽きなく、長く使用できるデザインの物を選びました。

色んなメーカーがありますが、基本的な部分は同じに感じました。

後は、スタイルの他、材質、保証期間等気にしました。

選ぶにあたり、お客様の声等も参考に大変なりました。

リフォームをして生活が変わった所

お風呂に入るのがたのしくなった。

子供と一緒に入ろう。

お風呂時間が長くなった。

そんな声が聞けました。

今までは、何か、暗く、古かったのですが、明るく、綺麗で、気分が良く、リフレッシュ、ストレス解消になります。

また、家族のコミュニケーションの場になりました事は、嬉しい毎日になりました。

トイレ時間が長くなった。

トイレ掃除も楽しくできる。

トイレご楽しい。

トイレも暗く、古かったので、何か毎日の習慣でしかなかったが、綺麗で快適であり、トイレも私達の生活を変えてくれました。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

リフォームは、まず、決断が必要です。

どんなリフォームにしたいか、考えている間が一番楽しいです。

色んなメーカー、時間があれば、たくさんを見てまわる事は大変楽しく、良い事だと思います。

資金もありますが、余り無理しない程度ですが、毎日使う物です。

機能ばかりでは無く、実際の毎日の生活を考え、素敵な生活、楽しい生活、お互いが楽しめ、幸せになれるリフォームをしていただきたいです。

りが終わると何か、心がウキウキして、色んな事を頑張れます。

素敵なリフォームを。

タイトルとURLをコピーしました