悩んだ末のリフォーム!家族みんな大満足!家族みんな笑顔です!

実際に屋根や外壁をリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、37歳の男性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

最初は全く全く検討がつかず100万円まではいかないだろうと思っていました。

実際は40万円ほどでした。

リフォームをした具体的な場所は?

キッチンとダイニングの床

リフォーム前の具体的な悩み

古くからたっている家で、キッチンだけでも築35年ほどくらいたっていました。

「日本の昔の家!」と言った作りで、床もフローリングではなく板間で、キッチンとリビングの間はかつてガラス扉があったので、下には敷居でくぎられていました。

それももう古くて木がささくれだっていて、子供が小さいのでとっても危険でした。

敷居につまずいてこけることもあるし、何よりも見た目が悪く友人を家に呼ぶのも恥ずかしく思えていました。

リフォームを決めるときに注意した所

田舎なのでリフォーム会社がそんなに色々あるわけでなく、あまりいろんな会社と比較することが出来なかったので値段だけは気になりました。

正直100万円を越えるなら辞めようと思っていました。

後、テレビとかを見ていてよくリフォーム詐欺とか出ていたので、もし変なところに依頼して、勝手にいろんなことをされたらどうしようかという不安はありました。

リフォーム会社だけはちゃんと信頼できるところを選ぼうと心がけました。

リフォームをして生活が変わった所

床が見違えるようにきれいになりました!以前の床はもう艶がないような状態だったのでテーブルの下に絨毯とか引かないと見栄えが悪かったのですが、敷かないほうがずっときれいに見える状態になりました。

キッチンとリビングの間の敷居もなくなったのでとっても部屋が大きく見えて、「こんなに広かったんだね!」と他の家族も言うほどでした。

子供が遊ぶときもささくれを気にすることもなくなったし、ラジコンの車もスムーズに進むし、とてもよかったです。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

リフォームをするかどうか迷っているなら、まずはリフォーム会社に色々と相談して、費用や日数など納得できるならやった方がいいと思います。

家がきれいになると気持ちまで上がるし、何よりも人に見せたくなるので色々お友達と交流が深まります。

小さなお子さんやお孫さんが遊びに来るような家なら、昔風な作りだと段差が沢山あったりするのでやっぱり怪我とかが心配で安心して遊ばせることが出来ないと思います。

自分が歳をとったときも、やっぱり怪我のない家の方が安心すると思います。

タイトルとURLをコピーしました