ずっと悩まされていた畳とおさらば出来てスッキリ快適なフローリング!

実際に屋根や外壁をリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、38歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

20万円ほどの予算を考えていましたが、実際には25万円ほどでした。

リフォームをした具体的な場所は?

畳のスペースをフローリングにリフォームしてもらいました。

リフォーム前の具体的な悩み

表面のい草がかなり擦り切れてしまい、その上で横になったり洗濯物を置いたりするたびに、切れたい草がついてきて困っていました。

洗濯を回しただけでは落ちませんし、粘着テープでとっても生地が傷んでしまうし何より面倒で本当に嫌でした。

新調すれば住む話かもしれませんが、お金がかかってもまた数年経過すればすぐに同じ状態になると思うと、費用がもったいないと思ってしまいました。

結果カーペットをしいて対処してみたけれど、ムレが心配で早くどうにかしたかったです。

リフォームを決めるときに注意した所

周りのフローリング部分と合わないものを入れてしまうと、すごくダサくなってしまうと危惧していました。

だから周りのフローリング部分と同じか似たものを取り扱っているか、それを一番に重視して選びました。

リフォームが終わった後でこんなふうになるとは思わなかった、写真と全然違うといったような自体も避けたかったため、出来る限りカタログなどの写真でなくリアルなものや写真を見せてもらい、決めるようにしました。

自分の感覚だけでは自信がなく、家族にも頼りました。

リフォームをして生活が変わった所

フローリングになって使い方がガラッと変わりました。

切れたい草がつかなくなって快適なのはもちろんですが、それまでは布団を敷いたりごろ寝したりするだけの場だったのが、色々なものを置けるようになりました。

ソファやテレビなど重たいものも気兼ねなく置けて、思いきった模様替えにもチャレンジしました。

家族もとても喜んてくれて、みんなの要望が揃ったスペースが出来上がりました。

またゆくゆくは新調しなければならないなどの悩みも消えてスッキリです。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

畳スペースをどう使いたいかによると思うのですが、もう少し家が広かったら色々置けていいのになと思っている方や、時折模様替えをして気分を変えたいと思っている方には断然フローリングへのリフォームをおすすめします。

たかがリフォームですが、過ごし安さが格段に変わりますよ。

それは他のリフォームにも言えることで、住んでいる家に少しでも不満があって、それがリフォームで解決するような内容ならやるべきです。

一度リフォームしてしまえばその心地よさになんでもっと早くしなかったのかなとなります。

我慢の時間が勿体ないと私は思いました。

タイトルとURLをコピーしました