我が家のホテルライクなモザイクタイルが素敵な洗面所リフォーム!

実際に屋根や外壁をリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、46歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算90万です。

実際の金額は80万です。

リフォームをした具体的な場所は?

自宅の洗面所とクロス、洗面所の窓、お風呂のドアです。

リフォーム前の具体的な悩み

リフォーム前は、洗面台の高さがとても低く使用しにくい状況でした。

高さを身長に合わせてえらびました。

洗面器の陶器の部分にヒビが入っていていました。

永年の使用に伴い、一日に何回も開け閉めをしているお風呂のドアが劣化してきていたので、以前からかなり開け閉めがしにくい状況でした。

窓が古いタイプだったので、開け閉めがしにくかったです。

照明も少し暗い感じでしたので、家族がよく使う場所なので、楽しい場所にしたいと思っていました。

リフォームを決めるときに注意した所

洗面空間は、家族みんなが楽しく身支度できる場所にしたいと思いました。

普通の洗面がイヤでしたので、カウンターと洗面ボール、水栓をそれぞれに選んで組み合わせるタイプにしました。

扉の色選びは明るい色にしました。

ミラーは顔全体を自然な色に照らしてくれるような照明をえらびました。

心地良い空間作りを意識して、非日常を味わえるホテルのような落ち着いた雰囲気にしました。

収納は奥まで引き出せてたっぷり入るタイプにしました。

リフォームをして生活が変わった所

家族のみんなが笑顔で、毎日の朝の身支度がとても楽しいひと時に変わりました。

洗面周りには、モザイクタイルを使用しましたので、友達に自慢できる洗面所になりました。

今までタオル掛けなどを床に置いていましたが、壁掛けタイプにしたので、脱衣所が見違えるほど広く感じました。

窓の開け閉めがとてもスムーズにできて開閉しやすくなりました。

収納スペースが少なかったので、鏡の裏に収納棚がついているので洗面所周りがすっきりしました。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

まずは、情報をたくさん集めた方が良いと思います。

パンフレットや、インターネットでたくさんのリフォームした洗面所を見ました。

洗面所に限らず、リフォームはそう何回もできるのもではないので時間をかけて、自分が納得いくまで考えたほうが良いと思います。

あとは、飽きのこないようにシンプルで掃除しやすい壁や床選びも大事だと思います。

毎日掃除することを考えて、汚れが目立ちにくい壁紙や床材の色を選びました。

我が家の床材の色は髪の毛が目立たないグレーの色にしました。

とても良かったと思います。

タイトルとURLをコピーしました