床暖設置で冬でも床でくつろげる快適リビングにリフォーム!

実際に屋根や外壁をリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、43歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算200万円程度で予算内の約200万円で工事していただきました。

リフォームをした具体的な場所は?

リビング床の張替えと床暖房設置、キッチン床の張替え、全部屋、トイレ2か所壁紙の張替えをしました。

リフォーム前の具体的な悩み

リフォーム前は、毎年寒くなり始める時期になるとつま先、指先が常に冷たい「末端冷え性だった私。」 家族は裸足で過ごしているのに、私だけ靴下を重ね履きしていました。 つま先からの冷えからお腹を壊すこともよくありました。 私「寒くてお腹壊した。ご飯食べられない。」 家族「また?そんなに着てるのに?」 また、冷えからトイレも近くなりました。 家族からは「またトイレ?」と言われました。 このように、リフォーム前に床暖房が無かったときは本当に冬の寒さが辛かったです。

リフォームを決めるときに注意した所

リフォーム業社の方に自分たちの希望をしっかり伝えること。そして、業者さんの話もしっかりと聞くことが大事だと思います。高額な支払いが発生するので、私たち依頼者と業者さんでちゃんと意思疎通がなされていなければならないと思います。特に床暖房は、どのような商品なのかを設置前によく把握するようにしました。業者さんのアドバイスもいただきながら、こちらの希望をちゃんと伝えてきました。キッチン床や壁紙に関しても、サンプルを見せていただきながら決めました。

リフォームをして生活が変わった所

リフォームをして床暖房を設置したことで、冬につま先や指先、全身の冷えが軽減され、快適に過ごせるようになりました。また、冷えからお腹を壊したり、風邪をひくことも減りました。 私「あったかーい!」 子供たち「あったかいねー!」 床暖房を設置してからは床でくつろぐことも多くなりました。それまでは冬に床に座ったり、寝そべったりすることなんてありませんでした。床暖房をつけて床でゴロゴロすることが今では至福のひと時です。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

リフォームは箇所によって金額は違いますが、数万から数百万以上と普段の出費とは別でかかってくると思います。やはり高額な支払いになるからこそ、信頼できる業者さんを選び、こちらの希望をしっかりと聞いて、話をよく聞いてくれる業者さんを選ぶことが大切だと思います。また、業者さんの説明を依頼者の私たちもしっかり聞いておかなければなりません。まかせっきりではいけません。カタログを見せていただいたり、サンプルを見たりと、リフォームが完了するまでもいろいろ楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました