やってよかった実家のリフォーム、住んでみたら最高でした!

実際にリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、32歳の男性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算は800万ほど、予算内に収めることができました。

リフォームをした具体的な場所は?

実家の2階部分全て、床、壁、キッチン、トイレ等です。

カーテン等も新しくしました。

間取りも変えたところがあり、壁を作って部屋を分けました。

2階には、風呂が無かったので新しく付けたのは良かったです。

リフォーム前の具体的な悩み

祖父母の住む実家に戻ることが決まり、都市近郊のマンションで暮らす私としてはかなり憂鬱でした。

実家は2階建てで、2階部分に住むことになりました。

実家は古くなり、2階には風呂が無いため、わざわざ1階に降りないといけません。

日中仕事をしている私たちと祖父母の時間が合わず、1階にいて寝ている祖父母に気を使うのはしんどいです。

「もう実家には帰りたくない」と言っていましたが、リフォームすることが決まり、新しい部屋の図面やCGの様子を見て「まあ住んでもいいか」とすぐに心が変わりました。

リフォームを決めるときに注意した所

リフォームを決めるときに注意したところは、特に無いので回答が難しいです。

リフォームを決めるときの注意なのかどうか分かりませんが、まず気にするのはどこに頼むかじゃないでしょうか。

私たちは、たまたま知人の紹介があったので、そこに決めましたが、多くの業者から選ぶのはなかなか難しいことだと思います。

私たちの場合は、そこに決めて大正解でした。

リフォームの際、色々決めなければいけないことが多いですが、全てに関わってくれて、助かりました。

リフォームをして生活が変わった所

まず一番は、2階に風呂が付いたことです。

最初はシャワーだけにしようとしていましたが、「やっぱり湯船に浸かりたい」とういうことで、浴槽を付けることにしました。

やはり、自分たちの生活するところに風呂があるのはすごく良かったです。

音とかも気にせず入れるので、無駄に気を使わず、ストレスもなく入ることができるようになったのは大きかったです。

次は、キッチンを大きくしたことです。

以前は1Kルームくらいのものだったので、狭かったので変えてよかったです。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

まずは予算があると思いますが、まずは自分たちの理想を挙げれるだけ、挙げるべきだと思います。

そうするとおそらく、かなりの金額になっていると思います。

そこから妥協できるところで、妥協し金額を下げていけばいいと思います。

そのあたりのアドバイスは、リフォームの担当の方が教えてくれるはずです。

まずは、担当の方に自分たちの理想を全て話してみてください。

そこから担当の方が、金額のことも含めて色々考えてくださるはずです。

タイトルとURLをコピーしました