二世帯住宅のリフォームは思ったより苦労しましたが良い経験になりました!

実際にリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、34歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

3000万の予算で、3200万でリフォームしました。

リフォームをした具体的な場所は?

割と家全体になってしまうかもしれませんが、二世帯住宅にするために玄関のドアを二つにして、シャワールームを増やし、トイレを二つにしました。

リフォーム前の具体的な悩み

「祖父が他界して、祖母が認知症になってしまったので、余り色々な面で時間や精神面、体力面で不安でした。

それと同時に仮住まいの手続きや物の処分が大変でした。

」「私も家族も3000万の予算でできるハウスメーカー探しや、見積や図面チェック、打ち合わせなどが大変でした。

」「これから二世帯住宅になると暮らしが今迄と格段に変わるので、色々と思い通りの生活ができるのか、予算内できちんと納得したリフォームになるかもとても心配でした。

リフォームを決めるときに注意した所

まずひたすら色々なハウスメーカーさんに問い合わせしました。

二世帯住宅にする理由が祖母の認知症の介護という要素が強かったので、機能性重視で考えました。

工期もなるべく短いほうが良いと考えていたので、その点も注意して考えました。

あとは予算内でちょっと新築のようなリフォームにしたかったので、予算内で付属でできる事も色々とハウスメーカーさんに相談しました。

あとは営業さんの態度も余りに強引だったり横柄だと少し打合せしずらかったです。

リフォームをして生活が変わった所

まずセットバックの関係で部屋が狭くなるのではないかという心配はありましたが、土地が狭くなった割にそれほど部屋が狭くなるということもなく、快適に暮らしております。

そしてトイレやバスルームが二つになりました。

なので以前に比べると寧ろ土地が狭くなったのに快適に暮らせるようになりました。

外壁の塗り替えもしてもらい、リフォームというより新築に生まれ変わったような気がします。

ウッドデッキも追加してもらい、ガーデニングも楽しめるようになりました。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

まず余裕をもって色々と打ち合わせや見積もり相談をされるのが良いと思います。

あと機能性はやはり長年生活していく家なのでちょっとしたことでもきちんと相談されるべきだと思います。

きちんとご自分の中での住宅のイメージを完成させ、勿論予算内でできることが大前提ですが、ハウスメーカーさんによってはちょっとサービスしてくれる会社さんもあります。

何よりやはり妥協しないで何度も打合せして、色々なハウスメーカーさんに相談してみるべき多と思います。

タイトルとURLをコピーしました