これからの日本の高齢化や住宅家族介護に伴う、住宅リフォーム体験談

実際にリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、34歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算は3000万でしたが3500万程度です。

リフォームをした具体的な場所は?

既存の一軒家全体。

(完全建て替えに近い)

リフォーム前の具体的な悩み

「もともと建て替えの予定はなかったのですが、祖父が他界し、祖母が認知症になってしまったので家族で介護をすることに。

祖母の安全のためにもなるべくバリアフリーで、完全二世帯住宅をなるべく重量鉄骨で作りたいと思いました。

」「ローンは余り組みたくないなと思い、よって予算の関係上割と建築メーカーは絞られてきてしまいました。

」「また準防火地域でセットバックが必要ですと言われ、土地が建て替えによって狭くなることも悩みの種でした。

リフォームを決めるときに注意した所

私は相当見積もりを様々な会社から取り寄せたり、実際にハウスメーカーに出向いて、なるべく決められた予算と希望が合うようなハウスメーカーをひたすら探しました。

確かにネームバリュー大切ですが、それよりも営業さんの態度や、接客にも注目しました。

中には営業が高圧すぎていくらそこそこ妥協できる見積・図面でも、何か引っかかるところがありました。

他社に行かない様に必死で営業してくるところは他の選択肢が見えずらくなるので気を付けてください。

リフォームをして生活が変わった所

相当いろいろなハウスメーカーを見てきたので、予算は少しオーバーしてしまいましたが快適になりました。

まず予算のわりに色々サービスしていただき、風呂、トイレが二つづつになりました。

ドアも二つにしてもらい、完全に個々のプライベートが確保できるようになりました。

また窓の数も無理言って多めに設計してもらい、換気が非常にしやすくなりました。

日光も良く入ってくるので非常に快適です。

また付属で取り付けてもらったヴッドデッキでガーデニングなどもしています。

セットバックはありましたがそんなに土地が狭くなった感覚はありません。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

前述と少し内容が重なりますが、まずは一生ものの買い物なので当然皆様お判りでしょうけど相当見積もりを様々な会社から取り寄せたり、実際にハウスメーカーに出向いて、なるべく決められた予算と希望が合うようなハウスメーカーをひたすら探したほうが良いです。

確かにネームバリュー大切ですが、それよりも営業さんの態度や、接客にも注目し、最終的には余り有名でないハウスメーカーにお願いしましたが、想像以上に快適です。

営業が高圧すぎていくらそこそこ妥協できる見積・図面でも、何か引っかかるところがありなら体力や精神力を削られるので、他社に行かない様に必死で営業してくるところは他の選択肢を選ぶ時間を奪われるので気を付けてください。

タイトルとURLをコピーしました