家に住みながらのリフォームをしてもらい、完成したらとても生活が充実した

実際にリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、23歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

300万円の予算で286万円位でした

リフォームをした具体的な場所は?

3LDKの全て

リフォーム前の具体的な悩み

妊娠を機に旦那に「リフォームしたいね」と話をしていました。

旦那のお爺さんが快くお金を出してくれるという事だったのでありがたくリフォーム代をお願いしました。

リフォーム前はなかなか手が届かなかったキッチンの上の棚も下に下げれるような仕様にしてもらい、感動しました。

旦那も「このフローリングいいね」と前まで汚れきった絨毯に悩んでいたのですがそれも剥がしてもらって綺麗なフローリングに変わりました。

旦那が1番嬉しく思ったのは水圧の弱かったシャワーです。

「全然水圧なくて掃除もろくにできないんだ」と毎回掃除をする度に言っていましたが、今では水圧もとても良く、掃除も完璧にできています。

リフォームを決めるときに注意した所

リフォームを決める際に注意したところは特にありませんが、私の身長が平均女性よりも断然に低く、よく使うキッチン周りや洗濯物を干す物干し竿の高さ等はなるべく手が届くように注文していました。

そして、今後新しく子供が増えるので、危ないところがないように段差を少なくしてもらったり、怪我をしないような構造に少しだけ変えてもらいました。

あとは大工さんたちのじゃまをしないように生活をしたり、物をまとめておき、移動がしやすいようにしたりなどですね。

リフォームをして生活が変わった所

なんと言ってもキッチン周りが私専用サイズになったことで、今まで散らかっていたものがとても片付き、スッキリしました。

それにとても使いやすくてご飯を作るのが楽しくなっています。

カビだらけだったお風呂も綺麗になり、最初嫁に来た頃とは比べ物にならないくらい綺麗になった家を見て大興奮でした。

「リフォームしてよかったね」と旦那に言うと「ここまで綺麗になるとは思わなくてほんとに嬉しい」と言ってくれました。

その後旦那はこれから迎える子供の為にも、家を綺麗に保ちたいと言って「俺がやるよ」と家事を手伝ってくれています。

そこが1番の変化ですね。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

だいたいリフォームをすると言うとその家から一時的に出ていかなければならないと考える方がいると思いますが、当然行く宛てがない人もいると思います。

私達もその1人でしたが、リフォーム会社の方が「家にいてもリフォームできますよ」と言ってくださったので家にいたままリフォームをしてもらいました。

最初は窮屈な生活でしたが、途中で注文をしたい時や相談をしたい時などは家にいてよかったなと思います。

もし家にいなければキッチンの上の棚も届かないままだったかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました