子どもからお年寄りまでライフステージに応じたリフォームのすすめ。

実際にリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、51歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算と実際の金額の乖離はありませんでした。

リフォームをした具体的な場所は?

子どもが小さかったので清潔感のある壁紙にしたかったことから、クロスの張替えをお願いしました。

また、家の外観をカフェ風にしたかったので殺風景なガレージにウッドデッキを敷き詰めるリフォームもお願いしました。

子供が小さいときや、自分が年を取った時に、安全性を考えて階段に手すりをつけるリフォームもお願いしました。

リフォーム前の具体的な悩み

リフォーム前は「前に住んでいた人が喫煙者だから、壁紙が黄色くなっていて、においもついていてなんだか気持ち悪い」と思っていた私。

リフォーム前は「ガレージがコンクリートだから、自宅ではなく工場みたいで殺風景。

ウッドデッキやラティスで素敵なカフェやレストランの入り口のようにして、ウェルカムな雰囲気を出したい」と思っていた私。

リフォーム前は「昔のつくりの家なので、階段が急で上り下りがきつい。

歳を取ったら転倒が心配だわ」と思っていた私。

リフォームを決めるときに注意した所

リフォームを決める際、業者の選定には注意をしました。

駅前のリフォーム相談所に依頼し、地元の業者何社かから見積もりを取ってもらいました。

しかし、どこの業者も割高に感じました。

見積もりの内訳をみてみると、職人さんの単価はそれほどではないのですが、業者が職人さんを雇い、それぞれの予定を合わせて、総合的にリフォーム工事を行うことになっているため、そこでマージンが発生していることに気づきました。

そこで、知り合いを通じて、リフォームの箇所に応じた職人さんに、それぞれお願いすることにしました。

リフォームをして生活が変わった所

「壁紙がきれいになって、とても気持ちよく過ごせています。

たばこのやにや、冷蔵庫裏やテレビ裏の焼き付き汚れもなく、清潔感のある家になりました。

ワントーンもツートーンも部屋が明るくなったような気がします。

」 「階段に手すりがついて、昇りやすくなっただけでなく、急いでいるときにも安全に降りられるようになりました。

滑りやすい靴下を履いていても、落ちる心配もなくなりました。

」 「玄関前がウッドデッキになったので、鉢植えやプランターの植物が映えます。

ラティスが目隠しになり、まるでカフェのような雰囲気が出せています。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

リフォームは建て替えほどお金をかけずに、気になるところだけ新しくできるところがおすすめです。

建て替えとなると1000万円以上はかかりますが、リフォームなら数万円から数十万円で済みますので、とても経済的だと思います。

お子さんやご高齢の方など家族構成に応じた清潔感や安全性が確保できるので、ライフプランとともに、その時々の家族構成にあったリフォームをすることで、住み替えや建て替えよりも経済的で、とてもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました