納得のリフォームであなたも家族が笑顔になれる!レッツリフォーム!

実際に屋根や外壁をリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、60歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

1回目…予算200万円 実際300万円 2回目…予算500万円 実際800万円

リフォームをした具体的な場所は?

1回目…お風呂場(薪でたく風呂を灯油でたくユニットバスに替えた) 2回目…キッチン(内装、システムキッチン、全て)

リフォーム前の具体的な悩み

1回目…お風呂が薪でたくものだったので、沸くまでに1時間はかかった。

寒いからすぐにお風呂に入りたくても、入れずに寒い思いをしていた。

家族が多いので、自分が入るころになるとお風呂が冷めてしまい、お風呂から上がりたくても体が冷たくなって上がれなかった。

2回目…床が剥げて、歩くとよく引っかかった。

引き出しが曲がってよく開け閉めできなくなり、常に少し開いていた。

換気扇が壁に張り付いている形だったのでよく吸い込めず、煙が充満していた。

動線が考えられていないつくりだったので、無駄な動きが多く疲れた。

リフォームを決めるときに注意した所

料理を作る際の動線が短く、調理台、流し、レンジなどが調理の流れに沿った作業しやすい配置であること。

食洗器やオーブン、冷蔵庫などの置き場所もあらかじめ想定したうえでの設計であること。

また、お皿を並べて置くスペースなども考えることも忘れない。

食器棚食器棚や床、壁、天井の色の調和がとれていること。

そこで料理をするときに気持ちよく、楽にできると、料理を作る人が疲れないので美味しいものを作れるかもしれないと思いました。

リフォームをして生活が変わった所

明るくて清潔なキッチン。

しかも動線を考慮した動きやすい配置。

ここで料理をすることが楽しくない訳がありません。

まるでクッキングスクールの先生になったような気分で、料理の腕もあががります。

腕によりをかけたお料理で、家族みんなが喜んでくれて、笑顔がたくさん見られるようになりました。

以前は暗く汚らしい感じのキッチンだったので、食事をするときはリビングまで料理を運んでから食べていましたが、今はきれいなダイニングキッチンで食べています。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

まず、いろいろと物件やキッチンのメーカーを見て回り、リフォームするときに大切なことやこだわりをプロから聞く方がよいかともいます。

とても参考になります。

自分の知らなかったことや最新のキッチンの情報を伺うことができます。

値段もピンからキリまであります。

自分がこだわりたいところと気にしないところがあると思うので、こだわるところにはこだわった方が後で後悔しないです。

リフォームはそう頻繁にするものではありませんので。

タイトルとURLをコピーしました