リフォームで気分が上向くお家に、家事ラクで夫婦喧嘩が減りました

実際にリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、40歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算1,000万円、実際にギリギリ超えないくらいでした。

リフォームをした具体的な場所は?

中古住宅購入に伴って、キッチン・お風呂・トイレ・壁紙・リビングと寝室の床・外壁・一部間取り変更

リフォーム前の具体的な悩み

リフォーム後に入居したため、同じ住居での生活ではないですが、リフォーム前は「家事が苦痛だった私。

」料理をするにも使い勝手の悪いキッチン、美味しく食べた料理も、使った調理器具と食器の手洗いにため息が出ない日はありません。

お風呂やトイレもすぐにカビや汚れが目立ち、「掃除しなければ」という焦りのようなものを常に感じていたと思います。

夫婦共働きのため、たまった食器やお風呂掃除など、面倒な家事をどっちがやるかで頻繁に喧嘩していました。

リフォームを決めるときに注意した所

設備一つひとつに製品のグレードやオプションがあり、自分達の生活に本当に必要かどうか、一つひとつをよく検討するようにしました。

お風呂を例にすると、鏡は付いているのが一般的かと思いますが、私達は「お風呂の中で鏡を見ることないよね」ということで鏡は付けないことで少し節約になりました。

高額なリフォームほど、一つひとつのオプションの追加料金や、省くことによる節約金額は微々たるものに感じますが、リアルな生活を想像してこだわるほど納得できるリフォームが出来るように思います。

リフォームをして生活が変わった所

あんなに苦痛だった家事が、楽になったというか、進んで出来るようになりました。

一番嫌いだったのが食器洗いですが、食洗機を入れたことで解決。

真っ白なキッチンにしたことで少しの汚れをこまめに掃除するようになり、綺麗な空間を保つことができています。

キッチンはもちろん、お風呂やトイレも、製品そのものの質が昔のモノより向上しているためか汚れにくい!お手入れがとても楽です。

壁紙も自分でこだわって選んだことで、家事をする空間は気分が上向く空間になりました。

家事に対するストレスが軽減されたおかげで、夫婦喧嘩が劇的に減ったのが一番嬉しいところです。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

どれだけリアルにリフォーム後の生活を想像できるかが、リフォーム成功のコツだと思います。

そのために選ぶものはショールームなどに足を運び、実際に見て触って選ぶことをオススメします。

せっかくお金をかけるのに「思っていたのと違った」「もっとこうだったら良かったのに」では勿体無いですから、目の前で製品を見て使用感を確かめてもらいたいです。

今の生活をより良くするためにリフォームをするのでしょうから、「あったら便利」なオプションはたくさんあります。

「我が家」に必要かどうか見極め、省いたり追加したりと理想の生活に近付けてください。

タイトルとURLをコピーしました