本当にリフォームしたいことをすることで、家が劇的に快適空間になる

実際にリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、62歳の男性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算は400万くらいでしたが、実際は460万ほどかかりました

リフォームをした具体的な場所は?

マンションの中の間取りと水回り

リフォーム前の具体的な悩み

母が病気で入院していて車いす生活だったので、和室との段差がとてもネックになっていて、車いすが動かしにくかったので、なんとかして和室を洋室にしたいと思っていました。

母がどこにでも車いすでいけるような家にしたいと思っていたのですが、なかなか自分一人ではできなかったので、思いきってリフォームをしたほうがいいのではないかと思いました。

水回りも古かったので、万が一水漏れが起きたら 他の方に迷惑がかかると思いました

リフォームを決めるときに注意した所

床はフローリングであることと、和室からリビングまで車いすでスムーズに行けるようにしたいと思いました。

なので間取りを変更しようと思いました。

とにかく母がうごきやすいようにということを第一考えて リフォームを決めました。

和室とリビングをひとつにしたので、どうしても壁紙や 床材を変更する必要があったりして、どうしたら車いすがスムーズに動けるかということを考えました。

できるだけ無駄なリフォームは止めようと思いました

リフォームをして生活が変わった所

母が車いすでどこでも行けるようになったので、ベッドからリビングに行くのもスムーズに行けるようになりました。

水回りも変えたので、とても便利になりました。

レンジフードも勝手に掃除をしてくれるものにしたので、いちいち掃除をしなくてもよくなりました。

壁紙も白にしたので、とにかく部屋の中が明るくなりました。

なによりも 母がとても喜んでくれて、家にいることを楽しみにしてくれていたのがリフォームをやってよかったなと思いました

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

リフォーム会社の営業さんは、なんとかしてお金を出させようといろいろと言ってきますが、自分が本当にやりたいことだけにお金をかけるようにすることが大切だと思います。

口ぐるまに乗せられてつぎつぎやってしまうと、あとでとんでもない金額になってしまうので、最低限のリフォームと、自分でできることはないかということをよく考えて、リフォーム業者に頼むといいと思います。

水回りなどは、後でもできますし、複数の業者さんから見積もりを取って検討することです

タイトルとURLをコピーしました