たくさん想像して”快適な生活”をリフォームで手に入れましょう!

実際に屋根や外壁をリフォームされた方の体験談をご紹介します。

今回は、33歳の女性の方のリアルな体験談を見ていきます。

リフォームの予算と実際の金額は?

予算も実際の金額も800万円です。

リフォームをした具体的な場所は?

キッチン、お風呂、トイレ、部屋の壁などです。

リフォーム前の具体的な悩み

築30年をこえているマンションの為、かなり全体的に年季が入っている状態でした。

特に水回りに年季が入っていました。

お風呂は洗い場は汚く浴槽は狭い、蛇口も昔の形で使いづらいですしあらゆる所のカビがとれませんでした。

トイレも汚れが着きやすく水道代が高いものでした。

何よりも専業主婦の私は結構な時間をキッチンで過ごすので使い勝手が悪いのと汚いので早くリフォームしたくて仕方なかった私。

本当にリフォームして良かったと今は満足しています。

リフォームを決めるときに注意した所

こどもが出来たので夫婦2人の時とは荷物や生活の仕方が大きく変わることをよく考えながら色々な事を決めていきました。

玄関はベビーカーや子供の外用のおもちゃなど広くとった方がいいということや、靴も子供の運動靴・レインブーツ・サンダルなど1人増えるだけでかさばるので靴箱は大きめにしたりしました。

あとは出来るだけ段差をなくしたり、子供部屋を広くとるよりもみんなで過ごせるようにリビング横の部屋の壁を取っ払いリビングを広めにとることなど今後変化する生活を出来るだけ多く想像することを意識しました。

リフォームをして生活が変わった所

リビングを広くしテレビも大きいものを購入したので家族でゆっくりする時間が多くなったのが大きな変化だと思います。

あとはキッチンも広く綺麗になったことで料理が楽しくなったことと、以前はキッチンには1人しか入れなかったのですが2人入れるようになり夫と料理が出来るようになりました。

1人で料理するよりも楽しく早く出来るようになりました。

あと段差をなくしたことによりお掃除ロボットが使えるようになり掃除が格段に楽になりました。

これからリフォームをされる方へアドバイス♪

今後の生活の変化をたくさん想像することはとても大事だと思います。

人生でリフォームはそんなに何度もすることではないですしやり直しもなかなか利かないものなので、リフォーム会社の方と納得いくまでしっかりと話し合いをしてください。

そもそものリフォーム会社を選ぶ際にも1社だけではなく何社か見積りしてもらい担当の方とお話をして相性もしっかり見るべきだと思います。

そしてはじめに、これ以上は出せませんとハッキリと予算を伝えておくべきです。

色々な要望を伝えていくと思っていたよりも高くなってしまったということになりかねませんので担当の方としっかり話をし調整をしてもらって下さい。

タイトルとURLをコピーしました